青

2015年5月30日土曜日

青い森の国から:大沼

尻屋崎からの帰りに、車一台だけかろうじて通れる道を進み たどりついた沼。
下北半島の太平洋側にあり、きっと地元の人しか来ない所なのでしょう。
吸い込まれそうな不思議な静けさに満ちていました。
 


2015年5月27日水曜日

青い森の国から:寒立馬(Kandachime)

寒立馬の仔馬が次々誕生しているというので尻屋崎まで行ってきました。
この仔はまだ歩くのが慣れていない様子で、踏ん張って立っていました。
 


2015年5月24日日曜日

青い森の国から:夜の花筏

桜の季節もとうに過ぎ、今さらではありますが・・・
弘前公園のお堀に散った花びら(花いかだ)です。
毎日のようにあちこち出歩いて、描きたいテーマは山のように
あるのですがなかなか筆が追いつきません。(~_~;)
 
 


2015年5月23日土曜日

青い森の国から:青い森

白神山地のブナ林散策道にて。
暗門の滝遊歩道を目指して行ったのですが、残雪のためまだ通行
不可とのことで予定変更。でも新緑にあふれてとても素敵な森でした。


2015年5月20日水曜日

青い森の国から:看板ネコ

いい陽気になりましたね。散歩を兼ねてランチに
気になっていた猫の看板があるお店に行ってみたら
「あいちゃん」というメスのデブ猫ちゃんがいました。
モフモフ感がたまりません!
なんと元はノラだったそうですが、今では永久就職して貫録十分。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2015年5月19日火曜日

青い森の国から:レッドテールキャットフィッシュ(Redtail catfish)

浅虫水族館シリーズです。横から見れば名前のとおり赤い尻尾が
見えるのですが、この顔がなんとも愛嬌があり正面から描くことに。
もちろん大きなナマズの仲間です。

2015年5月18日月曜日

青い森の国から:ミズクラゲの宇宙

浅虫水族館にて。
くらげはいつも魅力的なテーマで、つい描きたくなってしまいます。
 

2015年5月17日日曜日

青い森の国から:魚を見上げて

浅虫水族館は期待した以上に素晴らしい水族館で
企画や展示などすごく頑張っている様子に好感を持ちました。
水中トンネルの中を歩くと魚たちが泳ぐ姿を下から見上げることができます。
躍動感があって美しい姿にずっと見惚れてしまいました。
 

2015年5月16日土曜日

青い森の国から:菜の花と陸奥湾

菜の花作付面積日本一を誇る横浜町の風景です。
菜の花畑の向こうにキラキラ光る陸奥湾と津軽半島の山々が見えます。
 
 


2015年5月15日金曜日

青い森の国から:菜の花と岩木山

ここ鰺ヶ沢で、菜の花は毎年違う場所に植えられるらしく(じゃがいもの
連作を避けるためだそうです)観光地にはなりにくいのかもしれませんが
岩木山をバックに素晴らしい風景が広がっていました。
 


2015年5月14日木曜日

青い森の国から:ハナカイドウ(Hall crabapple)

りんごの仲間で、漢字だと「花海棠」と書くそうです。
ガクのところが可愛かったので後ろ姿を描いてみました。
 

2015年5月13日水曜日

青い森の国から:シデコブシ(Star Magnolia)

淡くて美しいピンク色にとても惹かれました。
 


2015年5月12日火曜日

青い森の国から:りんごの花

つぼみのときは濃いピンクで、咲くと白いりんごの花。
弘前ではリンゴの花が満開です。


2015年5月10日日曜日

青い森の国から:三つ編み

これも桜流鏑馬の馬で、白いたてがみを三つ編みに
してピンクのリボンを付けていました。
 


2015年5月8日金曜日

青い森の国から:馬の花飾り

桜流鏑馬は射手の衣装が華麗でとても華やかな雰囲気なのですが
馬もこめかみにピンクの花飾りをつけたりして可愛くおしゃれなのです。
 

2015年5月7日木曜日

青い森の国から:桜流鏑馬(さくらやぶさめ)

十和田市で毎年開催されている日本で唯一の女性流鏑馬競技会です。
桜の花びらが舞い散る中を颯爽と凛々しく駆け抜けていく姿はまさに一幅の絵。
 


2015年5月6日水曜日

青い森の国から:八甲田丸

かつての青函連絡船がメモリアルシップとして係留されています。
 

2015年5月5日火曜日

青い森の国から:津軽びいどろ

津軽びいどろは四季を感じさせる色と手作りならではの
やわらかな曲線が特徴の青森伝統工芸品です。
デパートで普段使いの器を探していた時に目に止まり、
せっかく青森にきたのだから・・・と思ってこれにしました。