青

2015年12月22日火曜日

青い森の国から:まさかのラッセル車

黒石駅で偶然出会ったラッセル車はラッセル君のラッピング。
ラッセル君は頭がラッセル車、胴体がお相撲さんという
弘南鉄道のゆるキャラで、それを真似るとはまさかの本末転倒。
でもこの姿で雪の中を走ったらスゴイです。
あこがれのスターに会ったような嬉しさ!

だんだんディープな青森にはまり込んでいきそう。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


2015年12月8日火曜日

青い森の国から:こんなところでも竜が飛んでいた!

「え、誰かオイラのこと呼んだ?」という感じの
かわいい立体的な看板。竜飛岬郵便局です。
 

2015年12月7日月曜日

青い森の国から:竜飛崎には竜がいた!

これは龍見橋(たつみばし)といい右手奥に白く見える
竜飛崎灯台をめぐる遊歩道にかかっています。
この日は快晴で北海道の松前半島も見えましたよ。
 

2015年12月6日日曜日

青い森の国から:吊るし柿

県南にある南部町鳥舌内(ちょうしたない)は
たくさんの柿の木がある柿の里という感じの所。
ここの柿は妙丹柿という小ぶりの渋柿です。

2015年11月10日火曜日

青い森の国から:ウィンドウの中の秋

商店街で信号待ちをしていたら、外国人観光客が
このお店の前で写真を撮りだしました。「何で?」と
思ってよく見ると紅葉やりんごなどウィンドウの中は
青森らしい素敵な秋がたくさん。見逃すところでした!
 


2015年11月8日日曜日

青い森の国から:干し大根

最初に見かけたのは下北半島の北のはずれの村でした。
別の日に今度は津軽地方でも大根を洗う人の姿とともに
あちこちで出会いました。「大根を洗う」って冬の季語だとか。
のき先に干すのはいいのですが、いたるところに、
例えば家の前のガードレールとかに干すって大胆!
 

2015年11月6日金曜日

青い森の国から:追手門の紅葉

弘前公園の追手門、内側からの眺めです。
門が額縁のように紅葉を引き立てていました。
弘前公園は桜で有名ですが紅葉の季節も格別です。
 

2015年11月5日木曜日

青い森の国から:蔦沼


JRのポスターで真っ赤に燃え上がるような紅葉の蔦沼を
見て以来、ずっと憧れてきました。タイミングを計りながら
3回も足を運びましたが、あのポスターのような色には
遠く及びません!あの赤い色を出すには天気のよい早朝
しかも朝陽の強力な助けが必要なのかもしれません。
来年またチャレンジしたいと思います。!(^^)!
 


2015年10月18日日曜日

青い森の国から:鯛島

蟹田からフェリーに乗って下北半島の脇野沢に向かうと
大小2つの島が見えてきます。離れている島ですが、
ある角度になると鯛のように見えてくるのでついた名前です。
でも私には潮を吹いているマッコウクジラにしか見えません!
 


2015年10月12日月曜日

青い森の国から:天使の海老のパスタ

むつ市内で、恐山地獄めぐりをする日に「天使」という
名前に惹かれ、思わず注文してしまったパスタです。
なぜ天使というの?と疑問でしたが、ニューカレドニア、
つまり天国に一番近い島の海老だからだそうです。
本格的な自家農園レストランで、海老もトマトもロースト
されて青森に来てから 食べた一番美味しいランチでした。

2015年10月11日日曜日

青い森の国から:恐山

硫黄の匂いと、立ち上る水蒸気・・・荒涼とした地獄を
思わせる風景ですが、ここでの主役は弔う気持ちを
託してあちらこちらに積み上げられた石、石、石・・・。
さらに歩み続けると最後に美しい湖にたどり着きます。
 
この日は秋詣りの日で、イタコと呼ばれる霊界の人を
地上に呼び寄せる(?)能力のある方々の小屋が立ち、
順番を待つ人の姿もありました。これまでも、そして
今も、様々な思いを持って人々はここを訪れるようです。
 
 
 
 


2015年10月10日土曜日

青い森の国から:三途の川

ついに行ってきました、恐山へ。
なんといっても名前がすごいですよね、「恐山」ですよ。
そしてここは三途の川。思わず渡ってみたくなるような
橋がかかっていましたが、おっと、そこはまだ渡りません!
 

2015年10月5日月曜日

青い森の国から:波打つ緑の畑

東北町や七戸町などでは、波打つような緑の畑があちらこちらに
広がっています。張られたネットにぎっしりと葉がからみつき
実がなっているわけでもなく「何の野菜?」と、ずっと謎でした。
 正解は「長芋」でした!
 

2015年10月4日日曜日

青い森の国から:黄りんご

さあ、みなさん。いよいよりんごの季節到来ですよ!
 


2015年9月30日水曜日

青い森の国から:実りの田んぼ その2

夕陽が山の輪郭を溶かし、すべてを温かく包み込んでいきました。
 


2015年9月29日火曜日

青い森の国から:仏ヶ浦

約2千万年前の海底火山活動により形作られた高さ90mもの
凝灰岩が続く海岸です。駐車場から降りて降りて、また降りて・・
階段だらけの遊歩道を降りただけですっかりめげました。(~_~;)
でも、真っ青な空に白い巨岩が映えて素晴らしい風景でした。
なお、岩肌はドライブラシでザラザラした感じを出してみました。
 


2015年9月26日土曜日

青い森の国から:八甲田の草もみじ

草もみじとは文字どおり草が紅葉するもので、八甲田の山頂では
ほんの一週間ほど見ることができます。 そしてそれが終わると
本格的な木々の紅葉の季節となります。この日は霧がサーッと晴れる
瞬間があり、満員のロープウェイで登って行った甲斐がありました。
 

2015年8月19日水曜日

青い森の国から:蓮の花

猿賀神社の蓮のアップです。
一枚一枚がピンクの濃淡に彩られ、
 強烈な日差しを浴びて透き通るような花びら。
泥の中から生えてきたとは思えない美しさでした。


2015年8月18日火曜日

青い森の国から:猿賀神社の蓮

7月末頃、平川市にある猿賀神社へ行ったら、境内にある
鏡ケ池一面に蓮の花が見事に咲き誇っていました。
天国とか極楽浄土があるとすれば、きっとこんな感じの
ところなのでは・・・と思ってしまいました。
 


2015年8月16日日曜日

青い森の国から:ひまわりの蕾 その2

先日の蕾より少し開きかかった蕾。
今までこんなにじっくり観察したことはありません。
本当に精巧に美しくできているものですね。

2015年8月14日金曜日

青い森の国から:ひまわりの蕾

岩手との県境近く、南郷村と呼ばれていた地区にひまわり畑が広がって
いるというので行ってきました。青森市内ではあちこちで咲いているのを
見かけたのですが、ここは月末頃からが満開だそうで ご覧のとおり。
でも、よくよく見るとひまわりの蕾はかわいいのです!
この時ならではの美しさを描き留めておくことにしました。
 

2015年8月11日火曜日

青い森の国から:ねぶたの夜

ふるさとはこうして心の中に少しずつ残っていくのだと思いました。
 

2015年8月6日木曜日

青い森の国から:立佞武多の大太鼓

これは立佞武多の下にある大太鼓で、実はこの上の階にもう一つ同じ大きさの
大太鼓があり、さらにその上に佞武多が乗っているのです。
津軽平野の本当に真っ平な土地なのでこんな不安定なものも運行できるのですね。
 

2015年8月5日水曜日

青い森の国から:立佞武多

五所川原市で行われる祭りのハイライトは、この7階建ての展示館が開き、
中から大迫力の立佞武多がドドーンと現れて来るところです!!
狭い道を次々と大、中、小のねぶたが何台も練り歩くのですが、この大型の
ものが角を曲がる時など信号や電柱にあと数センチで触れそうになり
思わず悲鳴が上がるほど妙な(?)スリルがあります。(~_~;)